投稿日:

両親の健康のためにかかりつけ薬剤師の制度を利用しようと思います

私の両親は今、熊本にある個人病院の心療内科に通っています。
父親が最初に心療内科に通い始めて、それから母親も父親のことで悩みを抱えるようになり、同じ心療内科に通うようになりました。

ですが、2人ともこのまま通い続けていいのかどうかで悩んでいるようです。
心療内科の先生は、しっかりと話を聞いてくれますし、相性が悪いわけではないと思うのですが、どうも両親が正直に自分の気持ちを伝えられないところがあるみたいです。
というのも、先生に少しでも「眠れない」「食欲が無い」と伝えると、薬を処方されてしまうみたいです。
そして、その処方された薬を飲み続けても、2週間後の診察でまだ治っていないと伝えると、新しく違う薬を処方されたりするそうです。
そして、一度薬を処方されると、もう、簡単には止めさせてくれないということです。

母親も父親も、先生に薬を処方され続けても、自分でもう大丈夫だと判断したときには、飲むのを中止しているみたいです。
なので、先生に処方をされているのに、全く飲まずに家に溜まっていく薬が沢山あると言っていました。

私としては、その、もらっているお薬代も勿体無いと思いますし、せっかく、心療内科という気持ちの面でのフォローをしてくれる病院に通っているのだから、正直な自分の気持ちを伝えたり、現状のお薬の事を伝えたりしたほうがいいのになと思うのですが、どうも、本当の気持ちを隠して、伝えられないところがあるみたいです。

そのように、少し自分の不調を伝えただけで薬を増やされたり、また、薬をコロコロと変えられることに少し抵抗があったり、信用が出来ない部分があるみたいなのですが、心療内科についてはあまり知識が無いために、そのように先生が対応しているのが、正しいことなのか、それとも、違う病院に行けば、違う対応をしてもらえるのか、どうなのだろうかと悩んでいます。

私も、一緒に診察に行ければいいのですが、家が離れているので、いつも話を聞いてヒヤヒヤしています。
こんなとき、かかりつけの薬剤師さんがいればいいのになと思います。
いま両親が通っている調剤薬局は小さな町の薬局のせいか、その制度がありません。
ただ、地元の知人が薬剤師求人熊本市で薬剤師として復職したと聞いたので、次に帰省したときに相談にのってもらおうと思います。